クラミジアの症状とは

若い男の人

クラミジアは、日本で最も多い性病の一つであり性器に違和感があったり性行時やトイレの時に痛みがある症状がある場合にはクラミジアが疑われます。
しかし、クラミジアは男女ともに症状が現れないケースもあり知らない間に他の病気に感染したりする場合もあり注意が必要です。
また、感染経路としては性交渉によって感染する場合がほとんどで空気感染やキスでうつることはありません。
このように、性交渉以外で感染するケースは少ないですがディープキスやオーラルセックスで感染する場合もあります。

クラミジアは、喉に感染するケースもあり咽頭クラミジアとして発症する病気でもあります。
このように、恋人や夫婦間で感染した場合には二人で病院へ行くことをおすすめします。
クラミジアは、完治するまでに抗生物質が必要になり事前に完治するのが難しい性病でもあるのです。
そのため、風俗へ行って感染している場合もあり浮気が疑われるのを恐れている場合は検査キットや治療薬をインターネットで購入する方法もあります。

また、クラミジアを事前に防ぐ方法としては正しくコンドームを装着するという方法しかありません。
性交渉をしないということが、一番の方法だと言えますが夫婦などでは難しいためコンドームを装着することがおすすめです。
装着をする場合にも、最初からきちんと装着することが必要であり途中から着けて漏れていた場合には感染してしまうことも少なくありません。
パートナーと自分のためにも、コンドームは大切なアイテムでもあるため忘れずに装着することが重要です。

性病は、たくさんありすぐ直ると思い込んでいる方も少なくありません。
しかし、病院へ行って薬を服用しないと治すことが難しく不特定多数との性交渉は大変危険だと言えるでしょう。
クラミジアに感染しないためにも、日ごろから注意しコンドームを常備するということも大切なことだと言えます。
何か違和感がある場合にはすぐに病院へ行きましょう。

クラミジアの原因

クラミジアは、クラミジア・トラコマチスという細菌による感染症です。
この細菌の感染力は強いとは言えず、空気中では生存できないため、空気感染もありません。
キスなどで感染することもほぼありません。

主な感染経路は粘膜が直接触れるセックスによるものですが、オーラルセックスでもクラミジア・トラコマチス感染の可能性はあるため注意が必要です。
たとえセックスをしていなくても、性風俗のお店でサービスを受けて感染する人がいるのはそのせいです。
クラミジアの感染者とセックスをした場合約半数が感染すると言われています。
不特定多数とセックスをすると感染の確率は高くなってしまいます。

症状としては、男性の場合は尿道炎や精巣上体炎、女性の場合は子宮頸管炎・卵管炎・卵管周囲炎などです。
膿や痛み、不快感がある場合は感染の疑いがあります。
この感染症の厄介なところは、これらの症状が出ないことも多いという点です。

男性の場合約半数が、女性の場合はそれ以上が無症状であるとわかっています。
気づかないうちに自分が感染源になってしまうことも多く、パートナーに感染した後で気づくこともあります。
コンドームを使用していたのに感染してしまったという人もいますが、挿入の直前ではなく、最初から最後まできちんと装着をしておくことが重要です。

治療には抗生物質が使われ、自然に治るという事はありません。
パートナー間で感染することが多いので、せっかく治療をしても再びパートナーから感染することも多いです。
2人揃って治療に臨むことが求められます。
パートナーに打ち明ける時は浮気を疑われてしまったりと気まずい雰囲気になることもありますが、2人とも感染している可能性は高いため、やはり思い切って早めに治療に入ることが大切です。