コンジローマの症状と原因とは

笑顔の男性

コンジローマは性感染症のひとつで、性器や肛門の周辺にカリフラワーのような形状の小さなイボが複数できる病気です。
すぐにイボが出来るのではなく、感染してから3か月後ぐらいに気付く人が多いです。
コンジローマはウイルスが原因で発症する病気ですが、比較的自覚症状が少なく、感染に気付いていない人も多い病気です。
軽い程度の痛みや痒みなどが見られることがあるため、性器や肛門の周囲に違和感などがある場合は、鏡などでセルフチェックをして下さい。

コンジローマには良性と悪性がありますが、悪性の場合は子宮がんの原因になるため、病気が疑われる場合は早めに専門クリニックを受診して下さい。
感染した場合は自覚症状があり、ウイルスを採取できる状態であれば、いつでも結果がわかりますし、痛みなどはなく、体に負担が少ないので安心して通院ができます。
恥ずかしさを感じる人が多いですが、放置をしていても完治はしないので、早めに診察を受けて下さい。

コンジローマはウィルスが原因で発症する病気ですが、外用薬を処方したり、電気メスや液体窒素、レーザー照射などでイボを切除します。
コンジローマが疑われる場合は、配偶者や恋人などのパートナーも感染している可能性があるため、二人で専門クリニックを受診することが大事です。

特徴的な症状には、カリフラワーや鶏のとさかのような形状のイボが出来るのが特徴です。
これは外科手術による切除をすることで、皮膚の表面をきれいにできます。

コンジローマは一旦は改善しても、再発がしやすい病気なので、普段から性行為の時はコンドームを装着させたり、複数の異性と性行為を持つのは避けたほうが良いでしょう。
悪性なのか良性なのかは、医師が判断してくれるので、最適な方法を提案してくれます。
一人一人の症状が違ってくるので、定期的に専門クリニックを受診して再発を防ぐことが大事です。
若い年代の人は恋愛にオープンな人が増えていますが、オーラルセックスは避けたほうが良いでしょう。

コンジローマと子宮がんの関係性とは

性病の1つであるコンジローマに感染すると、性器にイボができて痒みなどの症状が見られますが、それだけでなく子宮がんにも関係性があります。
コンジローマというのは、良性型のヒトパピローマウイルスに感染することによって起こりますが、良性型であってもとても低い確率で悪性に変化することがあります。
良性から悪性に変化するのは稀なケースだとされていますが、可能性はゼロではありません。
そのためコンジローマに感染をしたら、子宮がんの原因にならないように早期対策が必要になります。

また子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがありますが、子宮頸がんは性交をすることによって、女性の8割近くがヒトパピローマウイルスに感染します。
ただ感染をしてもほとんどが自然淘汰されるので発症することはありませんが、発症すると20~30代は細胞分裂が活発なので進行が早くなってしまいます。

コンジローマが性器周辺のイボや痒みだけだからと軽く考えていたら、それが子宮がんを発症する原因になってしまいます。
また、性病に感染をすると他の性病にも罹患しやすくなったり免疫力が低くなることがわかっています。
本来であればヒトパピローマウイルスに感染しても発症しない筈なのに、コンジローマに感染して免疫力が下がっていたことから、ウィルスが良性から悪性に変化することも考えられますので注意が必要です。

コンジローマはもちろん、子宮頸がんになっても早期発見ができれば予後はよく、完治も可能です。
子宮がんを克服した後に、妊娠や出産をすることもできますから、とにかく早期発見は大事です。
そのためにはコンジローマに感染していないか、性器や肛門の周辺をセルフチェックしたり、少しでも違和感を感じたら婦人科を受診しましょう。